日々のこと1」カテゴリーアーカイブ

神戸市パープルリボンキャンペーン2018はすごい!

毎年フェミカン神戸も協力してきた神戸市DV防止キャンペーン”。
今年は11月1日~11月25日に市内イオン店舗の店内に、
紫色の商品を集めたコーナー「むらさき屋」と、オレンジ色の商品を集めたコーナー「オレンジショップ」が開設されます。(紫は女性への暴力防止オレンジは子ども虐待防止のカラーです)
またダイエー三宮店では1階正面玄関入口すぐの通路に啓発や相談先のリーフレットや啓発用グッズがおいてあり、通りかかる人たちが手にされていました。(写真)

他にも、大丸店、ダイエー店、イオン店内の女性用トイレには、
啓発コピーと相談先が印刷されたトイレットペーパー!
そのコピー文に思わず読みいってしまいました👀

皆さんもお出かけの際は、パープルグッズを探してみてください😉

恒例となったライトアップもあり、
11月11日にはumie大観覧車と明石海峡大橋、
12日にはフラワーロードのモニュメントが紫色に輝きました

11月3日にはハーバーランドで、「チェキで大切な人へ思いを伝えようプロジェクト」が実施され、こちらも多くの方が心温まる時間を過ごされたそうです。
DVと子ども虐待、どちらもなくしていこうというメッセージが多くの人に伝わることを願っています。

企業でのハラスメント研修

9月10日と20日の2日間にわたって、
神戸リハビリテーション福祉専門学校の教職員の皆さんを対象にしたハラスメント研修に行ってきました。

学生さんたちは人とかかわるお仕事を目指しておられ、年齢層もさまざまで、実習へ行くこともあるそうです。
そんななかで、もし、学生さんたちがハラスメントの被害を受けた時、
一番身近にいる教職員の方々が、どのように対応すればよいのかを女性相談の視点でお話ししました。
特に被害にあわれるとどのような心理状況になるのかをお伝えしました。

嫌がらせの言動を、
多くの時間をそこで過ごし、
しかも収入を得る場である職場で繰り返し行われることの苦痛、精神的ダメージ。
しかも加害相手が権力をもっている上司という立場であるからこそ、嫌だと明確に意思表示できない
のがハラスメントの特徴です。

そのような職場環境にいる被害者の置かれた立場に立って、話を聴くこと。
その大切さをお伝えしたところ、とても熱心に聞いて下さいました。
ハラスメントは当事者間だけの問題ではありません。
組織全体が取り組む問題であり、学生さんをはじめ、そこにかかわるみんなの問題なんだと意識していただけたと思います。

皆さん、大変お疲れさまでした🍀

相談員研修の講師

年に何度か相談員を養成する研修の講師としてご依頼を受けています。
フェミカン神戸でも隔年で電話相談員養成講座を実施しており、
これまでの内容は、前半に理論編、後半は事例検討やロールプレイを中心とした実践編です。
こうした取り組みをしていることも反映されています。

この度は、DVなどの事情でひとり親(主に女性)になった方からの相談を受けるための相談員研修に行ってきました。
研修の時間が限られていたため、
前半は相談員に必要な基本的なスキル
‐中でも「質問」「要約」を意識したロールプレイに取り組んでもらいました。
相手の心情を推し量りながらも、今困っていることや気持ちや意志、支援に必要な情報を聴き取るトレーニングとも言えます。
時には踏み込んで聴き取る必要がある場合や
相手の気持ちに寄り添うだけでも十分な場合など、
ケースバイケースの対応が求められます。
参加された皆さんはスキルアップ研修ということもあり、積極的に取り組んでいらっしゃいました☺

そのうえで後半は
「社会に根強くあるジェンダー規範の影響で、
女性だからこそ、母親だからこそ抱えやすい悩みや問題」
を読み取る視点をもっていただけるように働きかけました。

今後も、相談を受ける方のスキルアップ、ジェンダーの視点に立つ取組の広がり、等
間接的な支援の場でもお役にたてるよう、私たちも研鑽を続けたいと思います💫

2018年度総会&設立20周年記念パーティー

各地で続く地震で気持ちも落ち着きませんが、
皆様ご無事でいらっしゃいますでしょうか?

すこし明るい話題のご報告を書きたいと思います。

🎊フェミカン神戸は今年設立20周年です🎊

6月10日に2018年度通常総会と設立20周年の行事を催しました。

湊川神社で今後も平穏無事に業務が遂行できますように…とご祈祷🙌🙌
総会で会員の皆さまに報告と計画をご承認いただき、
記念パーティー
と、充実し、心に残る1日でした。

これまで20年間の活動をまとめた記念冊子を発行し、
記念パーティーは、スタッフみんなで企画や飾り付けなどをしました🎈🎈
そしてなにより、たくさんの方にお越しいただき、あたたかい空間で
これまでとこれからを共に❤感じることができました。

🎼グランドハープ奏者の佐々木美香さんには福井よりお越しいただき、
心のこもった美しい音色と、お話に深く癒されました🎼

関わってくださった皆様のお心遣いが、ありがたく身に沁みます。
今後も、フェミニストカウンセリング神戸をよろしくお願いいたします。

フェミニストカウンセリング学会全国大会in福岡

今年の日本フェミニストカウンセリング学会全国大会は福岡で開催されました。

シンポジウムのテーマは、「ジェンダーと暴力」
フェミカンにとって直球のテーマでした。

ジェンダー規範のもと、過去から現在まで続く女性への暴力、搾取について
様々な角度から忌憚のないお話を聞くことができました。
シンポジストの3名、北原さん、富永さん、椹木さんの言葉をお借りしながら少しご紹介します。

性産業への従事を「自己決定・自己責任」として選択すること、と、その中で起きる暴力。
性別役割分業という暴力。
こうした「構造的な暴力」に対し、フェミニズムはどのように関わってきたのか、
そしてこれから、次世代にどのように関わり、つなげればいいのでしょうか?
今日、特に若い世代に対するフェミニズムの支援自体、
「違法」か「合法」か、
「正当」か「不当」か
の二項対立ではどうにもならないところに来ているのが現状かもしれません。

しかし、
職業、パートナー、家族の形…どのような選択肢を選んだとしても、
その場で暴力を受けてもいいということはありません。
また、そこに権力構造や暴力があるということは、加害者がいるということです。
加害者がその罪を問われないまま、
「あなたが選んだのでしょう」などと被害者の自己決定(?)や責任(?)が問われてしまうことも問題です。

また、日々メディアでも性暴力やセクハラ等が明るみになっていますが、
告発された加害者が
「(自分は加害行為をしたという認識がないが)相手が被害に遭ったというのだから、
〇〇(辞任、謝罪、、、)します」
という場面をとても頻繁に見聞きします。
しかし、この言葉に加害者の意志はあるのでしょうか?
被害者の側に立つフェミニズムの言葉が、うまく(悪い意味で)利用されています。

このように、以前とは姿かたちを変え、構造的暴力は温存されていますが、
そのなかでフェミニズムはジェンダーや性暴力、そして権力に対してセンシティブであり続け、
その視点から社会のチェック機構としての役割も考えられます。

女性も、男性も、
ジェンダーという構造的な暴力のない社会でこそ、安心して自己決定権を行使することができます。

そのような社会に近づくよう、先達・同輩の想いとともにこれからも活動ができればいいな
と感じたシンポジウムでした。

#MeToo 神戸

「財務大臣の発言に、全国から抗議します!
財務省前で抗議行動を行います。
首都圏近郊の方は、ぜひ、財務省前へ。
全国で同じ思いを持つ皆さん、
同じ時刻(19時)に、日本中の街角で、
一斉にカウントダウンして、プラカードを掲げませんか? 」

この呼びかけに応えて、先日5月7日、三宮マルイ前にて有志が立ちました。

私たちが何をしても、何を言っても、価値観は変わらないかもしれない😢
本当は、すべての人がこころの底から「性暴力を、セカンドハラスメントを許さない」と強く思う世の中になって欲しい。だけど、人のこころは変わりにくいところがある。

だからこそ、だれもが安心して暮らせるために「性暴力を、セカンドハラスメントを許さない」という法律を作る必要があります❗❗

性暴力禁止法をつくろうネットワークは、そのために、
10年前から日本でも「#ME TOO」の思いで活動しています。
フェミカン神戸もその活動を応援しています!

女性支援地域連携フォーラム 女性自立支援法(仮称)制定に向けて

1か月前のことですが、、、
1月20日(土) 標記フォーラムに参加しましたので、内容と感想をご報告します。
神戸市男女共同参画センターあすてっぷKOBEのセミナー室は200名を超す参加者で溢れていました。
フォーラムが始まるまでスクリーンにはダンス映像が流れ、国会、県会、市会議員や弁護士等々、高名な方の顔も多数見受けられます。

このフォーラムは今の時代に見合った、女性を支援につなげるための新法-女性自立支援法(仮称)-
の制定に向けて開催されたものです。

全国婦人保護施設等連絡協議会(全婦連、横田千代子会長)は、
婦人保護施設の根拠法である売春防止法は公布からすでに62年も経つため
昨年7月福島県でのシンポジウムを皮切りにキャラバンを組み、
新法の必要性を説くために、今回、兵庫県で2回目の開催となりました。

売春防止法第4章「保護更生」に位置付けられた婦人保護事業には「収容」「指導」といった文言が残ります。また婦人保護施設は社会の風紀を乱す「転落女性」を処分する施設と見られてきました。
新法では売春した女性を「要保護女子」という保護の客体、ではなく、
権利の主体とすることを柱とし、自立に向けて切れ目なく支援できる体制を目指します。

行政の責務も明確でないことから周知は進まず、
婦人保護施設の入所者は定員を大きく下回り、施設の廃止も相次いでいます。
かといって、支援を要する女性がいない訳ではありません。
むしろ、生きにくさは見えにくい形で広がっています。

「もっと早く支援につなげたい」

全婦連が新法を求める背景にあるのは
「婦人保護事業の実態と、支援を必要とする女性たちとの距離を縮めなければ」という思いです。

性的虐待、性暴力、DV被害など「女性への暴力」が後を絶たないことは相談現場で日々痛感させられます。
しかし女性の活躍を推進しても、女性の自立を後押しするための法律はありません。
どこにも居場所がない、頼る人がいない女性の多くは性産業しか行き先がなくなり、
さらに被害を重ねることにもなりえます。
そこから抜け出すことは困難であり、潜在化した女性たちの実態は社会から見えなくなってしまいます。

女性が人生を自らの手に取り戻すために、多面的に自立をうながしていくために、
女性自立支援法が求められています。

あけましておめでとうございます

皆様どのようなお正月をお過ごしだったでしょうか?

今年、フェミカン神戸は任意団体時代を含め、設立20周年を迎えます✨
多くの方との出会いや支えによりここまで続けられたことを、深く感謝しております。

男女参画社会基本法やDV防止法の制定など、
女性施策の変化とともに歩んだ20年でもありました。

今後も、誰もが安心し自分らしく生きることができる社会づくりに向け、
さらなる活動を続けてまいります。
どうぞお力添えのほど、よろしくお願いいたします。

皆様にとっても、ご健康でご活躍される一年となりますようお祈り申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※2018/1/9~1/17 は事務所内改装工事のため、休業いたします。電話(078-360-6211もつながりません)また、その間のカウンセリング、電話相談(月曜13~16時)もお休みいたします。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

”フェミ”って…(講座のご紹介)

 

突然ですが、皆さんは「フェミニスト」と聞いてどのような印象を持たれるでしょうか❓
ご自身のことをどのくらい「フェミニストだ」って思われますか❓
周囲の人に自分のことをどんなふうに「フェミニストだ」って伝えますか❓

フェミニストってどんな人なのって言えば、
一般的には
女性の権利や地位の獲得に向けた活動などの運動家
ラディカルフェミニズム
リベラルフェミニズム
ネオフェミニズム

私たち「フェミニスト」カウンセリング神戸のスタッフも、
どこかしらみんなフェミニストです。
でも、どんなフェミニストか細かく見てみると、みんなそれぞれ違いがありそうです。
表現方法や考え方にいろんな個性があっていいのだ👆と思います。
そんな意見を安全な場で発言でき、違いが認められてこそ、フェミ(^^)

その中で、共通する問題意識があり
「それって男女差別が根っこにある考え方だよね」
「そんなふうに(社会に)決めつけられると、つらいよね」
「どうやったら変えていけるんだろう」…などと
集まることで確認し、共有し、共感し、知恵を出し合えます。

2015年3月に、女優のエマワトソン(映画ハリーポッターでハーマイオニーを演じていた方) が国連で行ったスピーチの内容がメディアでも大きく取り上げられました。
以前にもブログで取り上げましたが、もう一度ご紹介します(^^)

フェミニズムは“女性だけ”のための運動ではなくて、
男女平等や個人の自由の実現を支持する
(性別に関わらず)全ての人の運動、考え方。
「自分が」、「今」、何かをすることで、世界を変えることができる。

これは、どちらかというとリベラルなネオフェミニズムの立場だと思いますが、
集団レベルでも、個人レベルでも、
あなたの中にあるフェミな部分は、今どんな感じでしょうか?
時とともに変化してきているでしょうか?変わらない部分はあるのでしょうか?

もしご興味があれば、12/3(日)名古屋一緒に考えてみませんか?
「今、フェミな女がカッコイイ」と題され、
フェミとして力強いメッセージを発信中の北原みのりさんの講座と、
女性の相談支援現場に長年携わるフェミニストカウンセラー具ゆりさんとの対談
が開催されます

講座の詳細、お申込みは 日本フェミニストカウンセリング学会HPへ。

DV防止キャンペーン2017

11/12~25は神戸市によるDV防止キャンペーンです。

三宮の一角で、須磨区のマスコットキャラクター「すまぼう」も一緒に
DVの相談先が書かれたバンドエイドと、
市民ボランティアの方による手作りのリボンバッジをお配りしました😃

この日のすまぼうは、頭(?)にパープルリボンをつけています!

受け取ってくださった方、今すぐに相談することはないかもしれませんが、
自分や、身近な人が困っているとき、
相談する場所があるんだよ、と思い出してもらえると嬉しいです。

神戸市のキャンペーンが引き続き行われています。
 イオンの2店舗でのむらさき屋
市内施設のライトアップ
リボンや紫の小物を身に着けたり、講座に参加してみたり、、
自分らしいあり方でキャンペーンに参加していただけることを願っています!