ブログ」カテゴリーアーカイブ

”批判ではなく提案を‥”女性リーダー須田さん

フェミカン神戸の会員として、長くサポートしてくださっている
須田和(むつみ)さんが、雑誌『女性展望』2020.9-10月号(Vol.706)に掲載されました。

須田さんは尼崎市議として3期目の活動を精力的にされています。
須田和さんのホームページはこちらをクリック

今回の掲載記事ではコロナ禍における尼崎市の対応や課題、市長や須田さんはじめとする女性リーダーの役割や視点が書かれています。

私はこの記事を読ませていただいて、
現実を冷静に見て、”批判ではなく提案を続ける”須田さんの姿勢が現れていると感じました。
学ばせていただくところが多い、素敵な女性リーダーです🙂💗

【フェミカン神戸NOW】コロナ禍でオンラインを勉強中

コロナウイルスが流行し、集まって、顔を見て話しができる機会がほとんどなくなりましたね。
当たり前のようにできたことができなくなり、寂しい気持ちや喪失感、いろんな感情が出てきます。
とはいえ、オンラインという方法もあるので、フェミカン神戸のスタッフ間でも会議や勉強会などをオンライン会議に切り替えています。

最初は声が聞こえなかったり、接続に手間取ったり、コミュニケーションがとりにくかったり、ストレスを感じることも多かったのですが、
徐々に慣れ、最近では遅ればせながらのオンライン歓迎会も開催できました😋🥂
オンラインだと、雑談をしにくい感じがあったのですが、慣れと、雰囲気を工夫したりすることで、和やかなひと時を過ごせたように思います🙂🙂

そして、カウンセリングや講座にも活用したい、との思いで、スタッフ内での勉強会も始めました。
勉強会の最初は写真のような感じで、不安が多かったのですが、勉強会を経て、ほとんどの方がもっと使いたいという気持ちになりました👍👍

さて、コロナ禍では、トラウマや過多なストレスによって自律神経にも影響が出てきます。
この神経系の回復には “人との安全なつながり”が必要です。
しかし今は、自粛やソーシャルディスタンスにより、対面でのつながりを制限され、使える資源が乏しくなりがちです。

一方で、直接会わなくても、画面上などでつながるだけでも、神経系の共同調節が可能です。

特に、過去にトラウマ歴がある方の場合、コロナ禍ではPTSD症状の活性化も高くなります。健康状態や苦痛の大きさや、社会的孤立の度合いも影響することがわかり始めています。

※より詳しくは
COVID-19 パンデミックは、私たちの神経系へのパラドックス的な挑戦である(日本語訳)
Clinical Neuropsychiatry Porges 4.2020 日
こちら↓のサイトより論文をダウンロードしていただけます。

https://theresahanaoka.jimdofree.com/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC/

フェミカン神戸でも、新たなツールを取り入れ、安全なつながりの場を提供できるように少しずつ体制を整えていきたいと思います。

またオンラインでの講座などを開催できるようになりましたらご連絡しますので、どうぞご参加くださいね!

【フェミカン神戸NOW】気づきと回復の講座@尼崎市

こんにちは。
今日は「フェミカン神戸のスタッフって何をやっているの?」という疑問にお答えするべく、
フェミカン神戸の活動の一つである「気づきと回復の講座@尼崎市」をご紹介したいと思います☺

この講座は、DVなど暴力被害を経験した女性が、
自分に起きたことや起きていること、今も残っている影響などをファシリテーターと一緒に丁寧に見ていきます。
「DV・トラウマを理解する」「トラウマに対応するツール」「コミュニケーション」など
12のテーマでの講義と、3回の語り合いで構成されたプログラムです。
NPO法人レジリエンス こころのcare講座 ファシリテーター養成講座終了者が実施します)
参加は各テーマ単発でもOK、12回のテーマを継続して受講されてもOKなので、ご自身のペースで参加いただけます。

先日8/25は「コミュニケーション」のテーマで講座を開催いたしました。
今回の内容の一部をご紹介しますと、
ファシリテーター2名で”尊重のない場合”と”尊重のある場合”の会話例を演じながら、
具体的に”不健全なコミュニケーション”と”健全なコミュニケーション”の違いをお伝えしました。

健全なコミュニケーションをするには、お互いに尊重された関係性であることが必要です。
特定の相手との間で、コミュニケーションがうまくいかない場合、
「私の言い方が悪いのかなぁ」と考えがちですが、そもそも”お互いを尊重する関係”でないのかもしれません。
(つまり、一方が相手を思い通りにしようとしていたり、相手は”自分より下の人間”と思っているなど。DVやハラスメントもこうした”不健全な関係性”です)

このように様々な角度から、自分の体験を振り返り、気づきにつなげていただけるようなプログラムです。

私たちが講義をしている間、参加者の方は、メモをとられたり、頷かれたり、トイレに行かれたり、お茶を飲まれたり🥃とご自身のペースで受講されていました。
安心して2時間の講義を受けていただくために、休憩は自由にとっていただいています。

毎回、参加者の方はそれぞれの気づきや発見、体験を大事に持って帰ってくださっています。

また、講座を開催するにあたり、ファシリテーターと参加者はマスクを着用、席の間隔をあける、
ファシリテーターと参加者の間にはビニールカーテンを設置するなど感染予防にも力を入れています。

このブログを読み、「気づきと回復の講座@尼崎市」に興味をもたれた方は、
尼崎市女性センタートレピエのホームページ(リンクはこちら)からご確認、お申し込みください。
次回は9/8(火)10:00~12:00(要申し込み:受講無料、託児あり)
テーマは”パートナーシップ”です。お互いが自由で尊重された関係性について、学びを深めましょう!

対面のカウンセリング新規受付を再開しています。

フェミカン神戸の事務所でも新型コロナウイルス感染対策をしています。
新しい様式に慣れないなかで、模索しながらですが、
来所してのカウンセリングをなるべくご希望に沿えるような形で実施できるよう努めています。
どうぞご利用ください。
カウンセリングのお申込みはこちら〈カウンセリングを受けたい方へ〉

〈室内〉
 カウンセリングの都度アルコール消毒をしています。
 対面となる位置にビニールカーテンなどの設置をしています。
〈スタッフ〉
 手指の消毒
 マスクを着用
〈来所される皆さま〉
 アルコール消毒を用意していますので、ご利用ください。
 マスクを着用ください。

現金/領収書の受け渡しがご心配な方は、事前にお振込みいただくこともできます。
その旨、お申込み時にお伝えください。
その他、ご不明な点がありましたらご連絡ください。

 

【開催中】気づきと回復の講座@尼崎市トレピエ

外に出ると、もう夏を感じる暑さですね🌿🌿
コロナ禍で自粛している間も、すべてのことは動いているんだなぁと実感します。

フェミカン神戸でもこの3カ月、予定していた講座の開催などはほとんど中止になりましたが
尼崎市女性センター・トレピエにおいては“気づきと回復の講座”を開催しています。

この講座は、DV被害を受けた女性が、安心して自分のケアをしていただける場になるように、そして、そんな場所を提供し続けたい💜
との想いで、女性センター・トレピエの職員の方が積極的に感染対策をしてくださったうえで実施をすることができています。

危険を感じる状況が続くと、神経システムやホルモンもそれに対応して働くため、身体(筋肉や代謝だけでなく、長期的には内臓などにも…)にダイレクトに影響が出てきます。
DV
などの暴力被害だけでなく、コロナウイルスに対する恐怖が重なって、さらにしんどさが増してくるのももっともですね💬💬💬
こうした、脳や神経、ホルモンと心や身体のつながりは、現在、研究途上ですが、
「安全・安心」な環境で「穏やかなつながりを持つ」ことが、回復にとってとても大切だということがわかっています。
他人とのつながり、だけでなく、自分自身とのつながり、動物や、自然などとつながることも有効です。

そのような回復に必要な環境を講座で体験していただけるように、
と、今だからできることを考えながら実施しています。

気づきと回復の講座のプログラムを作られた NPO法人レジリエンス さんも、動画やウェビナー等で支援活動を続けておられます。
気づきと回復の講座と同じ内容の「こころのケア講座」も動画(有料)で受講できるようですよ。

今後も状況は予測がつきませんが、
皆様がご無理のない形で必要な支援が受けられますように☆

気づきと回復の講座のお申し込みはこちら
2020年5月12日~12月8日 原則として第2・4火曜日 10:00~12:00 全15回
1回ごとの受講が可能です。各回の内容はこちらからご確認ください。
託児付き。お申し込みのうえご参加ください
(尼崎市女性センタートレピエ:電話06-6436-6331)

 

【講座のお知らせ】気づきと回復の講座@尼崎市

今年度も尼崎市にて全15回の『気づきと回復の講座』が開催されます。
(2020/5/12~)

この講座は、DVなど暴力被害を経験した女性が、
自分に起きたことや起きていること
今も残っている影響
などを、ファシリテーターと一緒に、丁寧に見ていきます。

12のテーマでの講義とワーク(基本的に発表などはありません)、
その間に、3回の語り合いの回があります。

毎回、参加者の方はそれぞれの気づきや発見、体験を大事に持って帰ってくださっています♡

 今年も私たちフェミカン神戸のスタッフがファシリテーターをします。
(ファシリテーターはNPO法人レジリエンス ファシリテーター養成研修修了者です)

 この講座では、被害にあった女性をさん(ほしさん)と呼びます。
被害にあったけれども、回復する力のある、輝く力のある人という思いがこめられています。
今年も、すてきな☆さんとともに講座をできることを楽しみにしています。

 

1回からでも参加できますので、ご自身のペースでご参加ください。
詳細は、尼崎市女性センタートレピエのホームページからご確認ください。

 

【講師活動の報告】2020/3/13知ってよかった!と思えるDVの基礎知識

知ってよかった!と思えるDVの基礎知識 ~避難、その後も安心した生活を送るために~
国際ゾンタ姫路ゾンタクラブ助成
共催:姫路市男女共同参画推進センター 後援:相生市・赤穂市

新型コロナウィルスの感染が広がりキャンセルが続き、開催できるか危ぶまれるなか、会場を提供いただいたあいめっせのご協力のおかげで、無事に開催することができました。

参加者は9名で20歳から60歳と年齢も性別もさまざま。さらに姫路を中心に西播磨から阪神間にわたり、幅広い層の方にご参加いただきました。

主催者として、こうした中で開催できたことに心から感謝いたします。ありがとうございました。そして、開催してよかった!と思いました。

DV被害者支援は避難した後、支援が途切れることが多く、
母と子が本当の意味で自立した生活が送れるようになるためには支援が不十分だと感じています。
避難後、DVの影響やトラウマを抱えながら離婚調停の手続や弁護士の委任、そして面会交流など複雑な問題に直面する現状があります。
そうしたなか、母も子もトラウマの症状がでてきて心理的負担を抱えたり、親子の関係にも影響を及ぼしてきます。
相談できる場所の情報さえ持っていないこともあり、孤立してしまう方は少なくありません。離れる決断したことさえ、否定してしまいたくなる気持ちになる人もおられます。

このような母子を支援されている兵庫県母子生活審施設協議会会長の紺谷様から、母子生活支援施設での取り組みを聞くことができました。

DV被害による親子の影響を理解しながら、
安全面を最優先し、必要な手続きの窓口に同行したり、
相談に乗ったり、子どもの変化を一緒に支えて下さる…など、
困ったときに誰かがそこにいることがとても心強く感じられました。

また、母子施設での実際の生活の場をご紹介していただき、とても快適な環境で生活ができることを知りました。
やはり百聞は一見にしかずです。正しい情報を知ることの意味を痛感しました。

講義の後、参加者から多数のご質問を受け、こうしたやり取りにとても心が満たされた印象です。みなさん、ありがとうございました。
そして、このウィルス感染が収束していき、また今後もこうした機会をもつことができたらよいと心より願っております。

●講師のご依頼はこちら⇒講師活動リンク

【講師活動の報告】配偶者暴力等の理解と福祉における支援に期待するもの @神戸ラッセホール

2月20日、兵庫県下福祉関係事務所長連絡協議会 研究会で、
「配偶者暴力等の理解と福祉における支援に期待するもの」というタイトルでお話しをしました。

研究会ご参加の方々は、兵庫県県民局や市町の福祉事務所、児童相談所など福祉関係事務所の管理職のみなさまです。
DVのサバイバーの方と関わられる部署ですので、DVに関する知識を持ち、理解を深めていただけたらと考え、お話しさせていただきました。

DV被害を受けた人は、その影響から気持ちが安定せず傷つきやすくなっています。
そんなとき、DVの特性や被害者の置かれた立場を理解しない支援者に接すると、
その言動によって更に傷つけられてしまうことがあります。
それを「二次被害」と言います。
二次被害を与えないためには、DVについての正しい理解が必要です。
支援者に理解されていると思うと、相談者は安心して話すことができますね。

講演ではDVのしくみ、被害者の心理、DVによる影響だけでなく、
DVを目撃した子どもの被害やその影響についてもお話ししました。
そして、避難の前後だけでなく、中長期的な支援が必要だということもお伝えしました。
1時間でお伝えするには盛りだくさんの内容でしたが、みなさん、とても興味を持って聞いてくださいました。

DV支援は、被害者が精神的にも経済的にも自立できることが目標です。
講演でのお話が、参加した方々の現場での指導や支援に役立つことを願っています。

【3/13開催予定】 知ってよかった!と思えるDVの基礎知識

【3/5現在・開催予定です】
知ってよかった!と思えるDVの基礎知識~避難、その後も安心した生活を送るために~
コロナウィルスの感染拡大に伴い、各地でイベントや講座が中止や延期になっていますが、
本講座は現在、開催予定で準備を進めています。

会場では、できるだけ受講者の皆さんの接触を減らすなどの対応いたします。
また、ご参加いただく方に、マスクの着用をお願いしております。

参加者の人数も、座席の関係から制限させていただくことになるとはいえ、
まだお申し込みいただけます!

社会にいろんな不安が蔓延している今、自分たちにできることや支援のネットワークなど安心の場を作り、広げていきたいと思います。

講座の詳細、お申し込みは↓こちら↓より。
知ってよかった!と思えるDVの基礎知識~避難、その後も安心した生活を送るために~

【報告】心地よくアサーティブに!~自分も相手も大切にしたコミュニケーション~

尼崎市女性センタートレピエにて、4回連続講座を行いました。
アサーティブという方法を取り入れた自己表現について、講義やグループワークをしました。

コミュニケーションパターンの中にも、ジェンダー意識や役割期待が潜んでいます。
「女なのにこんな言い方はよくない」とか「女性はこんな時にはこんな表現をするものだ」というような縛りを
周囲から感じたり、また、自分の中に取り込んでいることもあります。
アサーティブトレーニングは、一般的なコミュニケーションスキルの方法として広く知られていますが
フェミカンでのアサーティブは、ジェンダー規範による女性の生きづらさ、表現しづらさなども扱います。

相手に嫌われたくない、
いい人と思ってもらいたい、
相手との関係が悪くならないように気を遣ってしまう、
このように自分の気持ちは横に置いてしまうことがあります。

しかしそれが積もり積もってくると、相手に対して嫌悪感や否定的な感情を抱いてしまいます。
できるだけ距離をとろうとしたり、関係そのものをきってしまうこともあります。

自分の思いを過不足なく伝えることは、人との関係を続けていく上でとても大切なことです。

また私たちが抱く感情は、一人一人違います。
同じようなシチュエーションでもその人がもつ価値観や思い込みによって大きく異なります。

講義だけでなくグループで話し合う中でこうしたことに気づくことが実践による学びです。
本を読んだり一人では気づけない貴重な経験をしながら、楽しく和気あいあいと4回の講座を終えました。

受講していただいた皆さんは積極的にチャレンジをされており、
「こういう講座でもっと学びたい」「まるでカウンセリングを受けているようだった」
など、嬉しい感想もいただきました。