講座・セミナー」カテゴリーアーカイブ

1/20公開講座(加害者更生プログラム)のご報告

公開講座 「女性への暴力」を許さない連続講座
『加害者は変わるのか?「非DVカップル」を目指した加害者更生プログラム』を開催しました!

冷え込みが厳しい日でしたが、多くの方が参加してくださいました❄

講師は 「非暴力ルーム・大阪 NOVO」のスタッフ風味良美さんと松村徳子さん。
お二人は学校にデートDVの出前授業に行く活動をするなかで
同じ学校内に被害と加害、両者がいること、
また加害は相手を変えて繰り返されること
などから「加害者更生プログラム」を学ぶ必要性を感じ、
60時間のアウェアの研修を修了されました。
その後修了者4人が集まり2014年にNOVOを立ち上げたそうです。

NOVOにはこれまで130件程の問合せがあり、
そのうちプログラムに繋がり毎週継続して1年間以上通った人は9人。
このプログラムに決められた「卒業」はなく、
あるとすれば被害を受けた女性が「もういい」と言うまで
たぶん一生受講が必要なのではないか…と話されました。

プログラムの中で、加害する男性が女性を見下した発言をする場面
を見受けることもあり💧
支援している女性スタッフが傷つくこともあるそうです💧💧

このように社会や個人の中に根強く残るジェンダーによる差別意識を目の当たりにしながらも
スタッフの方はその傷つきを放置したり、蓋をしたりせず
自身の傷つきをもプログラム内で用いることで、
新たな視点を提供されています。
傷つけた側とそのような関わりを継続することは本当に大変なことだと思います。
そうした支援のあり方に改めて感銘を受けました🌟

一方で被害を受けた女性と関わるなかでは、
少しずつ力をつけていくプロセスを確認できるそうです🌱
「加害者更生プログラム」は被害者支援のひとつの方法なのだということがよく理解できました。

お二人の掛け合いのような優しい語り口で、最後まで話に引き込まれました(^^)
たくさんの質問に丁寧にお答えいただき、
参加いただいた方々にとっても満足度の高い講座になったようです。

皆様、どうもありがとうございました☃ღ ☃

『「キレる私」と「母娘関係」』

12月3日に漫画家の田房永子さんを招いての講座(日本フェミニストカウンセリング学会主催)に行ってきました。
120名近くの参加者が田房さんの語りに大きくうなずき
🙌よくぞ言ってくれた🙌と
共感、賛同の輪が広がりました。

田房さんは
今でも母親と一緒にいるのは1~2時間が限度💨 💨 💨
今考えても母親が発した言葉の数々は理解不能😢
そんな母を「嫌いだ」と言えるようになるまでの葛藤を何年もかけて凝縮されたのが
漫画『母がしんどい』です。
母親からの呪詛、呪いの言葉に、今も絡めとられ、もがき続けている
“娘”である多くの方に一度読んでいただければ、と思います。

そして、今回の講座に行きそびれた!と残念に思っている方への朗報です✨✨
2017年1/20・27(金)  10:00~12:00 @尼崎市女性センター
講座で田房さんと対談をしたフェミニストカウンセリング堺の加藤伊都子さんを招き
『わたしはわたし、私の人生を生きる』という講座が開催されます。
引き続き2/3,17,3/3は母娘関係をテーマにしたグループカウンセリングもあります。
グループカウンセリングは私たちフェミニストカウンセリング神戸のスタッフが担当します。

詳細・お申込みは 尼崎市女性センターHPの募集ページへのリンク をご確認ください

我が家のモラハラ事情~見えない暴力を見る~

HYVIS(ハイビス:ひょうごDV被害者支援連絡会)の主催で、
標記の講座が開かれます。2016年9月3日(土)13:30~15:30
(共催:神戸市男女共同参画センター、兵庫県DV被害者支援強化事業)

多くの方にHYVISの活動を知っていただきたく、
また貴重なお話が聞ける機会ですので、ご案内します!

HYVISは兵庫県内すべての女性と子どもが、安心してすこやかに暮らせる環境作りに貢献することを目的に、
兵庫県内でDV被害者支援活動を行っている7つの民間団体および個人が活動(情報交換、勉強会
講演会、行政等への提言など)をしています。
(フェミカン神戸が事務局をしています)
詳細はHPを見ていただくとして…

今回の公開講座。
講師に「モラル・ハラスメント被害者同盟」の熊谷早智子さんをお迎えします。
目に見えない(時には言葉さえも伴わない)モラハラ。
特有のしんどさがありますよね・・・
そんなモラハラの仕組みや被害から脱出するにはどうすればいいのか、など
熊谷さんのご経験も含めたお話を伺う予定です。
ともに学び、考える機会になればと思います☆★

2016年9月3日(土)13:30~15:30(受付は13:15~)
場所  たちばな職員研修センター(神戸市中央区橘通3丁目4番2号)
資料代 500円
定員  40名(先着順:要予約  当日参加はお断りします)
対象  DV被害者支援、モラハラ被害者支援に関わる方 など県民一般

詳細・お申込み方法は こちら⇒HYVIS
お問合せは078-360-6211(HYVIS事務局:NPO法人フェミニストカウンセリング神戸)

神戸学院大学でのAT研修を担当しました

6月18日、25日神戸学院大学のピア・サポートの研修
AT(アサーティブトレーニング)を実施しました。
‘ピア・サポート’は学生同士が互いに助け合う仕組みです。
こうした仕組みがあると、学生生活がとても心強いですね。

そんな素敵なピア・サポーターの皆さんが、
活動で使えるコミュニケーションスキルを学びたい!
ということで、フェミカン神戸に講師のご依頼をいただきました。

さて、ATは理論的に学ぶより、体験学習の方が効果的(^^)/
なので、ロールプレイを盛り込んだ内容です。
ATのポイントは自分も相手も大切にする❤
そのためには
「相手のことを知る」ことと
「自分の思いを伝える」こと を基本にしています。

学生さんたちに、それぞれ、‘言いたいことが言えなかった場面’を思い出してもらうと
案外、NOと断れていないで、何か気持ちが残っている…という問題に直面。

断ると相手を傷つけてしまうかもしれない。。。
もう少し、言いたかった。。。
そんな思いを踏まえて、ロールプレイに挑戦!
どのように自分の気持ちを伝え、相手も大切にしながら断るか?!
そして伝えられた相手からは、どのように受け止めてくれたのかを
フィードバックしてもらいました。

自分の気持ちを伝えることって、実際やってみると意外と難しい(^_^;)
さらに言葉以外のメッセージもあるよね~と、
いろいろ注文を出しながらも頑張っていただきました。

信頼関係がベースにあるチームの皆さんと
和やかな雰囲気で実践できたのが印象的でした。
私も若い人からエネルギーをもらえた研修でした♪

講座の様子は神戸学院大学のHPにも掲載されています。

電話相談員養成講座が始まっています

4月11日から「女性のための電話相談相談員養成講座」が始まっています。
既に1か月が過ぎ、後期の実践編に入りました。
みなさん、とても熱心に参加してくださっています❤

さて、講座の初日はフェミニストカウンセリング概論がテーマでした。
フェミカンの視点に立つとはどういうことか、
架空の事例をとおして参加者の皆さんと一緒に話し合いました。
自分に引き付けて意見を述べ、
‘同じ女性という立場に立つ’という視点を共有したり、
‘本音’を言葉にしたり、それを聴いたりしました。
「あ~、フェミカン的だな(^^)」と感じる場面です。

女性の生きづらさは個人の問題だけではなく
男性中心に作られた社会のなかで、差別され
性別役割分業意識に縛られることで自分らしく生きていけない
という、共通の葛藤や違和感でもあります。

女性の生きづらさは社会の(社会によって作られた)問題でもある
⇒「パーソナル イズ ポリティカル!=個人的な問題は政治的な問題」
ということです。

参加者の皆さんとフェミカンの理念を共有し、
女性の悩みや問題を一緒に考え、取り組めることを
とても心強く感じています!
みなさん、最後までやりきってくださいね☆応援しています(^^)/

気づきと回復の講座@尼崎市トレピエ

新緑の気持ちいい季節ですね。

さて、明日(5/13)から尼崎市女性センタートレピエで始まる講座のご案内です。
「DV被害に遭った女性のための 気づきと回復の講座&語り合い」
(第2,4金曜日 10:00~12:00)

昨年度同様、フェミカン神戸のスタッフがファシリテーターをします。
内容は、NPO法人レジリエンスのこころのケア講座に沿った講義が12回。(1回500円)
参加者の皆さんとお話をする語り合いの会を3回行います。(語り合いは無料)

情報を得たり、客観的に状況を整理したり、、、
参加者の皆さんがエンパワメントし合える安心・安全な場になったらいいなと思います!

5月の内容は
5/13 DV・トラウマを理解する 
5/27 「世間の枠」と私らしさ
です。自分の周りで起きたこと、起きていることに
ファシリテーターと一緒に目を向けてみましょう。
各回、簡単なアート(工作)も行います。
とても素敵な自分への癒しのプレゼントになっているようです❤

1回ごとの参加もできます。
お申し込みは尼崎市女性センタートレピエ まで。
内容についてはこちらでご確認ください。

【参加者募集中】電話相談員養成講座

2016年4月からはじまる「電話相談員養成講座」受講生を募集します!

毎週月曜 13:00~16:00 に開設しています「女性のための電話相談」は
年間約100件のご利用があり、ニーズが高いことが伺えます。

ジェンダーの視点で相談を受けるにあたり必要となる基礎知識を一緒に学び、
経験や知識を活かしてみませんか。

またここで得た知識と経験は、相談現場だけでなく
自分自身が生きていくうえでも役立てていただけることと思います(^^)

お申し込みをお待ちしています☆

PDFチラシはこちら

詳細、お申し込みはこちら

講座の企画・・・裏話?

昨年9月、姫路市男女共同参画推進センターあいめっせで
「自分も他者も大切にする人との関係」という講座を行いました。

身近な人との関係をテーマに、陥りやすいコミュニケーションパターンを学んだり、
人との心地よい距離について考えたり、
自分を大切にするというのはどういうことか
を一緒に考えることで、人との関係を見直す作業をしました。

参加者の皆さまから、ご好評の声と同時に
「コミュニケーションについてもっと深く具体的に学びたい」
というご希望をいただき企画した講座がこちら!

じゃんっっ!!(笑)

「アサーティブに私の気持ちを伝えよう!」
(3/12、19(土)10~12時 @姫路市男女共同参画推進センター)

自分も他者も大切にするコミュニケーションスキル「アサーティブ」を
個人ワークやグループでのロールプレイにより練習しながら習得していきます。

はじめて講座に参加する人でも大丈夫!!
アサーティブとは何か、から丁寧にお伝えしていきますので、安心してご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。
お申込は姫路市男女共同参画推進センターあいめっせまで。

一緒に楽しく学べることを楽しみにしています(*^_^*)

ハーグ条約 締結後の動きと問題点

HYVIS(ハイビス:ひょうごDV被害者支援連絡会)の主催で、
標記の講座が開かれます。2016年2月27日(土)14:00~16:00
(共催:神戸市男女共同参画センター、兵庫県DV被害者支援強化事業)
今回の講座はDV被害者支援に関わっている方が対象ですが、
多くの方にHYVISの活動を知っていただきたく、
また支援者の方には貴重なお話が聞ける機会ですので、ご案内します!

HYVISは兵庫県内すべての女性と子どもが、安心してすこやかに暮らせる環境作りに貢献することを目的に、
兵庫県内でDV被害者支援活動を行っている7つの民間団体および個人が活動(情報交換、勉強会
講演会、行政等への提言など)をしています。
(フェミカン神戸が事務局をしています)
詳細はHPを見ていただくとして…

今回の公開講座。
ハーグ条約締結、発効後の現状や問題点などを弁護士の芝池俊輝さんからお話しいただきます。
DV被害者支援の視点で、ともに学び、考える機会になればと思います☆★

日時  2016年2月27日(土)  14:00~16:00 (受付13:30~)
会場  あすてっぷKOBE セミナー室1
講師  弁護士 芝池 俊輝 さん (東京パブリック法律事務所)
資料代 200円
対象  DV被害者支援に関わっている人

詳細・お申込み方法は こちら⇒HYVIS

お問合せは078-360-6211(HYVIS事務局:NPO法人フェミニストカウンセリング神戸)

公開講座「心とからだのセルフケア体操」を開催しました

先日11/6(金)、2015年度の公開講座を開催しました!

このブログでも何度か書いていますが、
キャパシター創設者パトリシアケインさん(以下パットさん)によるワークショップ。
20151106

とてもとても素敵な時間と空間でした❤
内容がわかりやすく、役立つものであることはもちろん、
講師のパットさんの持つ雰囲気。松本さんの心のこもった通訳。
ご参加いただいたみなさんが作り出してくださった雰囲気。
温かさ、笑顔、ハート、、、。
全てが合わさって、とっても素敵でした(^^)
みなさんありがとうございました。

愛を受け取り、愛を与える。
エネルギーをため込まず、出して、そして取り入れる。
みんな等しく大切な存在で、みんな繋がってる。
そんな、人も自然も、この地球上に存在するうえで当たり前のことを
動きを通じて心とからだで感じました。

私たちは日常、多かれ少なかれ暴力(支配)のある環境でサバイブしていて、
その中で対等に癒しあう関係だという、
まさにフェミカンの原点に通じます。

もちろん、疲れや症状を和らげるのに即効性のあるセルフケアの方法でもあります。

それぞれの日常で、今回の学びをご活用していただけることが楽しみです!
フェミカン神戸の活動や支援にも活かしていきたいと思います。